交通事故に遭われた方へ

交通事故に遭われた際、受傷直後は痛みが出なかったり症状が軽く、病院にかからない方もいらっしゃいますが、

あとから痛みや違和感、他の症状が出てくることもあります。

場合によっては症状が長引き、日常生活に支障を来たしてしまうこともあります。

症状が軽くても初めから病院にて診断、治療されることが望ましいです。

交通事故の治療においては自動車保険(自賠責保険・任意保険)を使用し治療が受けられます。

あらかじめ保険会社に連絡の上ご来院下さる事をお勧めします。


交通事故によって生じる症状はもっぱら「むちうち損傷」によって発生します。

「むちうち損傷」は追突事故により、頚椎が過度に伸展し、次いで反動で屈曲して生じます。

衝撃によって骨に異常を来たさなくても、軟部組織が損傷すると多様な症状が発現します。

そのため、整形外科においては頚椎捻挫と診断され治療するケースがほとんどです。


症状としては頚部の痛みとこわばりが主な症状で、他にもしびれが肩や背中、手まで出たり、

頚椎の可動域が制限されたりもします。

更に、感覚障害や筋力低下を生じたり、あとから頭痛・めまい・吐き気の出ることもあります。


診断は局所の圧痛を調べ、神経症状を確認します。

レントゲン所見として頚椎の生理的前彎の消失や部分的な屈曲、不安定性を確認します。

MRIが必要な場合は紹介にて対応します。


治療は症状に応じて消炎鎮痛剤を処方したり、リハビリ室において、頚椎の不安定性に対してはカラー固定、

疼痛緩和としては電気療法などを施します。


交通事故は受傷の翌日以降に症状を伴うことが多々あります。

上記の症状でお悩みの方はお気軽に来院、ご相談下さい。