スポーツ障害

スポーツ障害

スポーツ(運動)をすることで、繰り返しのストレスがかかり起こる「スポーツ障害」と一回の怪我によって起こる「スポーツ外傷」(骨折、脱臼、捻挫、打撲、肉離れ)があります。

スポーツ障害」は、長期的に同じ運動をすることにより、体の一定部位に負担がかかり起こる障害で、使いすぎ(オーバーユース)が原因となります。

早期の軽いものに対しては、安静や電気機器による治療で改善します。

安静指示だけで終わり、スポーツ活動へ復帰すると容易に再発を繰り返すこともあります。原因を見つけ、適切な処置が必要となります。

当院では、それぞれの症状に合わせて日常生活での注意点やトレーニング方法等、適切なアドバイスをさせて頂きます。


スポーツ外傷」においてはスポーツ(仕事)の復帰を目標として治療にあたります。レントゲン撮影により状態を鑑別し必要に応じて、固定・テーピング等を行っていきます。

日常生活だけでなく、スポーツ(仕事)復帰を目指し固定が外れた後の後療法にも力を入れて、競技で結果が出るようにサポートします。

また、試合のスケジュール等も考慮して治療計画を組んでいきます。


対応可能施設